スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費統計の在り方見直しへ―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「医療費統計の整備に関する検討会」(座長=廣松毅・情報セキュリティ大学院大情報セキュリティ研究科教授、セキュアシステム研究所長)は4月26日、初会合を開き、国際基準に照らした現行の統計方法や分析の在り方の課題などについて話し合った。会合では、医療費の実態を踏まえた新たな統計の追加項目や分析方法の変更などについて有識者からのヒアリングなども交えながら今年度いっぱい協議し、年度末をめどに意見を取りまとめる方針を確認した。

 医療費に関する統計をめぐっては、公的医療保険制度で賄われる医療費については制度区分や財源、診療種類など5つの項目から推計した「国民医療費」を算出する方法が1954年から用いられている。ただ、この中には健診や人間ドックなど健康管理の費用や入院時の差額ベッド料、インプラントやレーシックなど保険適用外の費用は含まれない。こうした部分にも潜在的に相当数の利用者や支出があるにもかかわらず、現行の統計上に反映されていないため、医療に係る支出の全体像が見えにくいのが実情だ。こうした予防・健康サービスの費用を含め、実態に即した保健医療支出を明らかにするとともに、国際的な比較が可能な統計を整備する必要性を指摘する声が高まってきたため、抜本的な見直しが検討されることになった。

 会合では、OECD(経済協力開発機構)が開発した統計方法のSHA(A System of Health Account)を厚労省側が紹介。SHAは、医療保険対象外の予防や健康関連のサービス、医療制度の運営、設備投資などの費用についても統計対象としており、保健医療に係る分野全体の医療費をマクロでとらえられるだけでなく、各国がこのフレームワークを共通で用いることで、同一項目について国際比較が可能になるという。
 検討会では今後、SHAを新たな統計方法として採用することの是非についても議論する方針だ。


【関連記事】
厚生労働統計の整備で検討会設置へ-厚労省
参院選マニフェストで議論を開始―民主党第一分科会
財政試算示すも「持続性」に不安の声-高齢者医療制度改革会議
国民への意識調査、第1弾を5月に実施-高齢者医療制度改革で厚労省
明細書発行で「医療が良い方向に」―全自病・邉見会長

ポーランド国葬、陸路移動の首脳も アイスランド火山噴火(産経新聞)
四国4知事が上限料金制の本四道路割高に反発 民主に要望「全国一律に」(産経新聞)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
杉本栄子さん死去=紀子さまの祖母(時事通信)
「共謀」立証困難と不起訴=陸山会事件で東京地検(時事通信)

JR脱線事故直後、救助に走った男性 あの惨状語り継ぐ(産経新聞)

 ■「使命感と自責の念と…」

 JR福知山線脱線事故の発生直後、救助のためいち早く現場に駆けつけた男性がいる。この5年、悲しみとともに現場に立ち尽くす人たちを見つめてきた。記憶に刻まれた惨状に、うなされたこともあった。救えなかった命への自責の念と無力感は、今も残る。今年もまもなく「4・25」が巡ってくる。男性は乗客106人が眠るあの現場に向かい、冥福を祈り続ける。

 5年前の4月25日午前9時18分。灰山季久雄さん(70)は、経営する兵庫県尼崎市の鉄工所の前で、知人と携帯電話で話していた。そのとき、目の前の線路を快速電車が車体を大きく揺らしながら、猛スピードで走り抜けていった。ジェット機のような轟音(ごうおん)。続いて砂煙が立ち上がる。電車は、南へ約100メートル離れたマンションに突っ込んで大破していた。

 「脱線だ」。マンションに向かい無我夢中で走った。血だらけの負傷者が車両からはい出てきた。「お母さん、痛い。助けて」。車内からは若い女性の振りるような声が聞こえた。

 急いで鉄工所に引き返し、ぬれタオルや包帯を手に戻ったときには、もう女性の声は聞こえなかった。「なぜ、こんなひどい目に遭わなければならないのか」。心の底から、悔しさがこみ上げてきた。

 乗客106人の命が奪われた惨状は目に焼き付き、灰山さんを苦しめた。食事はのどを通らず、夜中に大きなうめき声を上げて飛び起きることもあった。

 転機は約1年後に訪れた。事故で交際相手の女性を亡くした若い男性との出会いだった。「現場を見るのが怖くて近づけなかった」。やっとの思いで打ち明けた男性に、灰山さんは事故の様子をつぶさに話した。

 「聞けてよかった」。男性はほっとしたような表情を浮かべ、涙を流して帰っていった。「事故の恐ろしさを伝えるのが、現場を目撃した者の使命」。灰山さんは事故の再発と風化の防止を願って、自身の経験を語り継ぐ決意をした。

 あの日、轟音とともに砂煙の中に消えたブルーラインの快速電車は、今ではオレンジ色にラインを変え、速度を落として鉄工所の前を通り過ぎる。そのたびに、「あのときもこんな速度で走ってくれていれば」との思いがよぎる。

 「心安らかに」。毎朝夕、今も現場に残るマンションに向かってそっと手を合わせる灰山さん。25日もいつものように、鉄工所の前で冥福を祈るつもりだ。

普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
強盗殺人 78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
<毎日新聞世論調査>内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)
タクシーに無賃乗車、さらに売上金盗む 男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)

両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)

 天皇、皇后両陛下は13日午後、東京・有楽町の東京宝塚劇場で、宝塚歌劇雪組公演「ソルフェリーノの夜明け」を鑑賞された。両陛下がそろって宝塚歌劇を鑑賞したのは初めて。
 歌劇は赤十字を創設したスイス人実業家アンリ・デュナンを描いた作品。皇后さまは日本赤十字社の名誉総裁を務めている。両陛下は、トップスターの華麗な演技に盛んに拍手を送っていた。 

<間寛平さん>アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
男女間暴力、被害届前でも逮捕検討…警察庁(読売新聞)
<名古屋・河村市長>持論展開「減税しないと天下り天国に」(毎日新聞)
法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演(時事通信)
民主、自民両党に地方消費税の拡充要請 全国知事会(産経新聞)

阿久根市「市長の指示ない」と判決無視、復職拒否(読売新聞)

  庁舎内の張り紙をはがしたとして、鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)から懲戒免職処分にされた元係長の男性(45)が12日、処分を取り消した9日の鹿児島地裁判決後、初めて市役所に登庁した。しかし、市側は「市長の指示がない」ことを理由に復職を拒否した。度重なる司法判断の無視に、識者は「権力の乱用であり、もはや人権侵害」と批判している。

 男性は12日午前7時頃に登庁し、猿楽善次・総務課長と面会。「働きたい」と伝えたが、課長が「市長から何も指示がない」と返答したため、帰宅を余儀なくされた。

 処分を取り消した同地裁判決は、「それほど重大、悪質でなく、謝罪もしているのに、前例と比べても著しく重い。裁量権乱用に当たり違法」と結論づけた。

 鹿児島大の平井一臣教授(政治学)は「市長は裁量権を勘違いし、何でもやっていいと考えているのではないか。明らかに男性への人権侵害。判決で『権力の乱用』と言われているのに、更に権力を乱用している」と指摘した。

 男性は読売新聞の取材に「司法判断に従わないのは理解できない。速やかに復職させてほしい、としか言いようがない」と話した。

 読売新聞は市長にコメントを求めたが、回答はなかった。

 市側は判決に基づき男性を復職させなければならないが、市長は11日付の自身のブログで、「中身のない判決文を見れば、裁判官は私達を見下しているのが分かる」などと、判決を批判している。

 男性の懲戒免職処分を巡っては、鹿児島地裁が昨年10月、処分の停止を決定。男性は決定後、平日の朝に毎日登庁しているが、市側は門前払いを続けている。

パトカーの覚せい剤、3年前に移送の男が隠す(読売新聞)
<ヤギ>左右の角2本折られる 千葉の動物飼育場(毎日新聞)
首相動静(4月12日)(時事通信)
<公務員法案>審議入り 次官級ポストなど巡り「改革競争」(毎日新聞)
新党たちあがれ日本「期待しない」76%(読売新聞)

読めますか?悩ましい古墳の名前(産経新聞)

 石舞台古墳、その名前からして変わっている。といっても、古墳の名前はほんと、難解なものが多いから特別ヘンというわけでもないのだけれど。

 「月夜にキツネやタヌキが踊るから」石舞台…という話も聞いたことがあったが、今回取材した和田萃(あつむ)京都教育大名誉教授に納得できる答えを聞いた。石舞台古墳はすでに江戸時代の名所図絵にも、むきだしになった巨大な岩が描かれている。当時の文献に「石太屋(いしぶとや)」と出てくるそうだ。受け売りでいうと「巨大な岩屋」という意味で、「イシブトヤ」が次第に「イシブタイ(石舞台)」に変わっていった…というわけ。なるほど。上が平らで下が埋まっていたなら、確かに「舞台」みたいにみえる。

 【麗し大和・記者の裏話】(14)

 さて、そのほかの名前はどうか。変わっているけどカンタンなのが「キトラ古墳」。つい発見された四神の壁画のトラ(白虎)を連想してしまうのだけれど、「北浦」のなまったものともいわれている。「マルコ山古墳」とか「カラト古墳」なんてのも、読みやすい。

 逆に何度見ても覚えられない悩ましい名前が、真弓鑵子塚古墳や牽牛子塚古墳、鬼の俎・鬼の雪隠など。読み方は、「マユミカンスヅカコフン」「ケンゴシヅカコフン」「オニノマナイタ・オニノセッチン」となる。ああ、場所と名前が一致して、漢字も書けるようになるころには、連載も終わっているだろうなあ…。

【関連記事】
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
聖徳太子の弟の墓? 塚穴古墳に人工築山、風水意識か
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
持統天皇の吉野行幸列を再現 「飛鳥美人」模した古代衣装
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

川崎でマンション火災 1人死亡、2人重体(産経新聞)
<桜開花予想>寒暖差大きく、担当者泣かせ…参入民間3機関(毎日新聞)
与謝野氏が自民離党届=谷垣総裁に提出(時事通信)
<掘り出しニュース>コンブ創作料理好評 ケーキ、ジャム、ドーナツも 北海道・根室(毎日新聞)
幹事長に舛添氏を…自民熊本県連(読売新聞)
プロフィール

よしはらしげおさん

Author:よしはらしげおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。